子育てに困っている、つい怒って叩いてしまう・・・。でも本当は優しいママでいたいという方へ

ディズニーの英語の教材ってどうなんですか?

ディズニーの英語の教材(DWE)ってどうなんですか?

こんにちは、子育てアドバイザーの広瀬つみきです。

 

ここでは、英語教育についてのお話をします。

 

英語教育について、調べていると、
いろいろな会社がいろいろな教材を出しているのがわかります。

 

その中でも、有名なのは、

 

●ディズニー英語システム(ワールドファミリー/Disney’s World of English)
DWEという略で知られています。

 

有名度で言えば、一番かもしれないですね。

 

==========
メリット
==========

 

子どもが親しみやすい、ディズニーのキャラクターで学べること。

 

また、完全に英語だけなので、「英語の環境」を与えてあげる、
という意味ではいいでしょう。

 

==========
デメリット
==========

 

高い。ただその一言です。
実は、料金については、どこをどう検索しても、
出てきません。

 

私も買ったことがないので(というか手が出せない)ので、
読者さんに教えていただいたのですが、

 

60万とも70万とも言われています。

 

この教材は、訪問販売で取り扱っているために、
営業マンの人件費がかなりかかっていることが、
料金が高い理由だと考えられます。

 

また、ディズニーキャラクターを利用していますので、
その使用料も高い理由だと言えます。

 

 

 

 

そこでおすすめしたいのが、

 

パルキッズです。

 

 

 

パルキッズも、ディズニー同様に、「母国語方式」
(日本人が日本語を習得するように、英語を習得する方法)で、
英語を学ぶことができる教材です。

 

ディズニーのようなキャラクターはいませんが、
家庭での朝起きてから夜寝るまで、
休日にショッピングに行ったり、食事に出かけたりなどの
場面をすべて英語で聞くことができます。

 

 

基本的には、CDを毎日流す、という方法になりますが、
付属のDVDを見ることによって、

 

その場面をイメージしやすいようになっています。

 

 

日常会話必要と言われる
4,000語を習得でき、
小学校低学年の段階で、
英検2級取得も狙える英語力の基礎を
身に付けることができます。

 

 

 

そして、最大のメリットは、

 

===========
価格
===========

 

 

税抜き84,000円という価格は、
ディズニーの教材に比べて、10分の1近くになります。

 

 

 

このパルキッズは、
東京・新宿にある、株式会社児童英語研究所が制作・販売をしています。

 

実は結構歴史は長く、もう、20年以上になるのです。

 

 

それだけの長い間、ファンに愛されてきた、
そして、効果があったという証明ですよね。

 

 

さらに、私がおすすめする理由は、
この教材は、

 

七田式がベースになっているからです。

 

児童英語研究所も、元々は、七田式の会社から独立してできたものです。

 

幼児教育のパイオニアと言われる、七田式の英語教材なんですね。

 

 

 

でも、どうしても、知名度が低いのがデメリットでしょう。

 

(あえて言えば、英語学習の目的は、英語を話せるようになることであって、
ミッキーに英語を教えてもらうことではないはずです・・・(^^ゞ)

 

 

 

さて、そこで、私もいろいろと調べてみました。

 

あれだけ有名なディズニーのDWEと、パルキッズを比較することはできるのでしょうか?

 

「パルキッズ DWE」と検索すると・・・・

 

実に多くの方の実践例を見ることができます。

 

幼児英語教育というのは、本当に奥が深く、
情報もたくさんあるので、読むだけでも大変ですよね。

 

 

かいつまんでご説明しますね。

 

まずこちら。
「パルキッズとDWEの違い」
http://kosodatemamaeigo.at.webry.info/200911/article_8.html

 

そのものずばりのレビューサイトです。
まず、ディズニーもパルキッズも、
英語を英語のまま教える、直接法であると言っています。

 

そして、パルキッズのよい点として、
「日常会話が入っていること」
「DVDでフラッシュカードが見られること」

 

としています。

 

 

結論としては、

 

==============
私としてはパルキッズもDWEも「どちらの方が優れている」とは言えないなぁ〜と感じました。

 

どちらも、それなりに裏付けのある理論で組み立てられているし、
きちんと取り組めば結果が出るものだろうと思います。
==============

 

 

とのことです。

 

 

続いては、こちらの記事
DWEとパルキッズの併用〜掛け流しの大切さ〜
http://sapporomama.jugem.jp/?eid=21

 

ブログ作者のなずなママさんは、

 

==================
私がパルキッズを気に入っている点が2つある。

 

1.小さな子供のよくある日常生活の会話である。
 (朝起きてから朝ご飯を食べるまで、お父さんが帰ってきてからのひととき等)

 

2.語彙が豊富
==================

 

としている、DWEも持ってはいるが、
車の中でも、食事中でもかけるのは、パルキッズということなので、
やはり、親しみやすさがあると言えます。

 

 

 

他にもたくさんの実例などありますが、

 

大切なのは、

 

少しでも早い段階から、英語を聞かせてあげること。

 

 

これにつきます。

 

 

なぜなら、

 

 

日本語がわかるようになってくると、
拒否反応が先に出てしまうことがあるから。

 

 

こうなってしまう前に、早めに英語に触れさせてあげたいですね。

 

 

******
こちらの記事も参考になります。

 

セールストークに惑わされるな!(Allabout)
http://allabout.co.jp/gm/gc/189398/2/

 

 

幼児の英語教材を徹底比較!
http://getnews.jp/archives/323572

 

広瀬つみきのコンテンツ